自己紹介

 マグナムTK

名前: マグナムTK


通信の短大を卒業し 
通信の大学3年次に編入

約10年に及ぶ激闘の末 
H19年度行政書士試験合格

現在、ワーキングプアな
アルバイト生活


カテゴリー

最近のコメント

おすすめブログ&サイト

お気に入リンク

財団法人行政書士試験研究センター

厚生労働大臣指定教育訓練講座検索システム

宅建 NAVI

愛しの牛乳パック

リクネクで転職するぞ!!

最近の記事

月別アーカイブ

最近のトラックバック

検索フォーム

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  
【--/--/-- --:--】
アウトプット侍
全国模試ってどうして試験の1、2ヵ月前に
集中してやるのでしょうか?

もちろんその時期に全国模試をやる理由は分かります
が、もう少し各予備校ごとにバラけてやって欲しいなぁと思います
せめて日程だけでもズラしてできないものかなぁ…
というのも昨年の私は
“ 各予備校の全国模試をできる限り受ける! ”
という試みをしたのです

その年の前の本試験、2年前の本試験ですか、さあやるぞっと
問題を見た瞬間、サーッと血の気がひきました
今まで授業やテキストや過去問や答練や模試などでは
まったくお目にかかったことのない “ 質 ” の問題
ばかりだったのです
いくら応用力が必要とは言っても
本試験ってこんな応用ばかりの問題でしたっけ?!

その時の強烈な印象が頭から離れず
昨シーズンは過去問は当然のこと
さらに過去問を上回る量の予想問題と全国模試など
初めて見る問題を数多く解こう、その名も

『 本試験でご対面する応用やパンチの効いた
      問題でもビビらないようにする作戦 』 を決行したのです

その一環で、各予備校の全国模試行脚をしたのですが
実際はスケジュールが重なったり、試験時間が夜だったりと
結局たいした数はこなせませんでした、4ヶ所くらいだったと思います

「全国模試なんて1回でいいんだ」
という記事をどこかで読んだこともありますが
昨年の本試験で私は “ 初の手応え ” を感じ
とりあえずどんな問題でもビビらず立ち向かえるようにはなりました

今年も市販の予想問題集数冊と全国模試を受けまくりまーす!

テーマ:行政書士試験  ジャンル:日記

H.19年度行政書士受験勉強の日々  
【2007/05/22 00:16】 トラックバック(0) コメント(0)
<<ある学校の話 | ホーム | 合格の先にあるものってなんだろう>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ironrider.blog102.fc2.com/tb.php/45-c4a9f25e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。