自己紹介

 マグナムTK

名前: マグナムTK


通信の短大を卒業し 
通信の大学3年次に編入

約10年に及ぶ激闘の末 
H19年度行政書士試験合格

現在、ワーキングプアな
アルバイト生活


カテゴリー

最近のコメント

おすすめブログ&サイト

お気に入リンク

財団法人行政書士試験研究センター

厚生労働大臣指定教育訓練講座検索システム

宅建 NAVI

愛しの牛乳パック

リクネクで転職するぞ!!

最近の記事

月別アーカイブ

最近のトラックバック

検索フォーム

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  
【--/--/-- --:--】
部長「同じ男に三度は負けぬぞ!」
ちょっとややこしい事件なんですが
「法律と格闘技」この両方が好きな私にとって
何とも複雑な思いの事件が起きてしまいました  

先月18日
「アメリカ人格闘技講師」の傷害致死事件の公判を傍聴していた
そのアメリカ人格闘技講師の「支援者」が
公判終了後に警備員に殴りかかり、身柄を拘束された。
そして今日
その警備員への暴行に対する制裁処分を決める裁判の場で
なんと今度は、こともあろうに裁判長を押し倒した上に
法服を破るなどの暴行を加えたというのです!

ニュース映像で見る限り、盛り場の用心棒という感じの大男で
空手の型のような動きをしていますが
法の番人である裁判官に対して暴力を振るうなんて

この様な行為は許してはならん!

法を少しでも学んでいる方なら誰もが同じ思いだと思います。
もしかしたらこの男は、おそらく前回の暴行の時に
法廷の警備の脆弱性を見抜いていたのではないでしょうか?
そうではないにしても、この男にしてみたら
裁判官に手を出すことはたやすいことだったんでしょう。

法服や法衣って法の象徴のようなものだと思うのですが
この「法服を破かれる」という事実
当の裁判官はもとより、司法機関法曹界
どのように受け止めているのかなぁ

やはり今回は、
一度法廷の警備に暴行をはたらいた男に対する公判なのだから
「きっとまたやるぞアイツ・・今日は絶対に好き勝手させるな」
と警備部門の部長の一言で
特別警戒なり厳戒態勢なり暴行注意シフトなり前進守備なり
それなりの対策が必要だったんじゃないかと

職なし資格なし甲斐性なしの男は思うのです

テーマ:行政書士試験  ジャンル:日記

H.19年度行政書士受験勉強の日々  
【2007/05/08 23:13】 トラックバック(0) コメント(0)
<<勉強のための勉強はもうやめだ!! | ホーム | 温故知新2006>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ironrider.blog102.fc2.com/tb.php/14-b2854690
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。