自己紹介

 マグナムTK

名前: マグナムTK


通信の短大を卒業し 
通信の大学3年次に編入

約10年に及ぶ激闘の末 
H19年度行政書士試験合格

現在、ワーキングプアな
アルバイト生活


カテゴリー

最近のコメント

おすすめブログ&サイト

お気に入リンク

財団法人行政書士試験研究センター

厚生労働大臣指定教育訓練講座検索システム

宅建 NAVI

愛しの牛乳パック

リクネクで転職するぞ!!

最近の記事

月別アーカイブ

最近のトラックバック

検索フォーム

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  
【--/--/-- --:--】
最初はこんなもん・・・かなぁ
昨日、終わりの見えない過去問の日々からの救世主
少し早めの予想問題集を手に入れた私は
過去問を横目でチラリと見つつも
さっそく今日から、予想問題にとりかかりました

と、ここでふと思ったのですが
毎年、本試験の直前に各社で行われる全国模試
実はあれも、結局は予想問題ではないか・・・!?
今頃そんなことに、しかもどうでもいいことに
気づいてしまった私は、またここで余計なことを考え
持ち前の ガラスの集中力 を途切れさせてしまったのです・・・

そんなこんなで(苦笑)
さっそく今日はLECの第一回予想模試をやってみました
私はこの市販の “ 本屋で買う模擬試験 ”
やはり会場でやる模試の雰囲気や緊張感などは味わえない
試験時間にしても、緊迫した会場の中でやるものと自宅でやる
のとでは 時間の流れが違う と考えているので
主にインプットととらえて
一問解いたら解説をチェック、また一問解いたら解説をチェック
という変則的なやり方でやっています。
まだ知識も自信もあいまいなこの時期に
少しでも間違った解答をしたまま、次の問題に進みたくないのです
60問全部を解いてからまた最初に戻って解説を見るよりも
問題の内容や、自分のその解答に至るまでの考え方などが
まだ鮮明に頭に残っているので、知識の定着力が違うと思います

さて結果ですが、配点方法がよく分からなかったので
正解数でいうと60問中、正解が31問
とても復習のしがいがある結果で嬉しくなってきちゃいます(笑)

ただ気になったのは、多肢選択式問題がやはり
問題の読解力で何とか解けてしまうので簡単でした
はぁ、前回の本試験で多肢選択式問題を後回しにし
結局解かないまま終わってしまった悪夢がまたよみがえりました・・・
車の運転で「たられば」は禁止と言いますが、あの時
多肢選択式を先にやっていたらと思うと

まぁ多少トラウマ気味ではありますが
全ては自分の実力のもたらした結果なので
今は静かにリベンジの時を待っています






 






スポンサーサイト

テーマ:行政書士試験 ジャンル:就職・お仕事

H.19年度行政書士受験勉強の日々  
【2007/05/31 14:18】 トラックバック(0) コメント(6)
今できる最高の贅沢
会社勤めをしていた頃は
やはり、毎月25日の給料日というものがとても楽しみで
まぁ安月給ではありましたが、それでもそれなりに
お給料を貰ったあとというのは、ささやかながら贅沢をしたものです

昨日、たぶん我が生涯で最後であろうと思われる
失業の認定をハローワークで受け、約1週間後くらいには
これまた最後であろうと思われる失業給付が振り込まれる
予定であります

“ 給与と失業給付金 ”
呼び名こそ違いますが、どちらも自分の生活のために
自由に使えるお金という意味では同じです
そのせいか、きっと浮かれ気分だったのでしょう
今日は久しぶりに贅沢をしてしまいました

贅沢といっても、私が今、贅沢にお金を使えるものは
試験勉強に関するものです

ユーキャンのテキストが、少々頼りなく
ガツン!と1冊、頼れる参考書を買おうと本屋まで行ったのですが
そこで目に飛び込んできたのが

LEC と TAC

という大手2大予備校から、それぞれ発売された
“ 予想問題集 ” でした
どちらも、模擬試験が3回分収録されており、なおかつB5サイズ!
やはり予想問題集は “ B5 ”“ 3回分 ” に限りますな~
できればそれにプラス
“ 問題の部分が抜き取り式 ”
“ 各1回分ごと抜き取り式 ”
のどちらかでもそろっているとなお良いのですが
今回はLECだけが“ 問題の部分が抜き取り式 ”でした

このての予想問題集が発売されるのは
夏ごろだと思っていたので、嬉しさのあまり
つい衝動買いしてしまいました
そしてその夏ごろになれば、たぶん各社の予想問題集も
出揃うと思うので、今年は予想問題集には困ることはなさそうです!

昨年は、大幅な試験の改正があった年だったので
各社、様子を伺っていて遅くなったのかな?
確かに、昨年の予想問題集は、新試験の40字の記述式と
従来通りの記述式のものがありました

けっきょく今日は、LEC&TACの予想問題集2冊と
伊藤塾の総合テキストを買って、贅沢を満喫したのでした

【 LEC 】  出る順行政書士完全予想模試 2007年版

【 TAC 】  ラストスパート行政書士直前予想問題集 平成19年度版

【 伊藤塾 】 うかる!行政書士総合テキスト 2007年度版

テーマ:行政書士試験 ジャンル:就職・お仕事

H.19年度行政書士受験勉強の日々  
【2007/05/30 17:38】 トラックバック(2) コメント(10)
長いお勤め終わりました
本日、最後の失業給付の認定に行ってきました

試験勉強に支障をきたさない程度で働こうと
パート専門で探していたのですが、条件が合わなかったり
募集が終わっていたりと、なかなか見つからないまま
ついにこの日を迎えてしまいました

「今日で最後ですね、頑張ってください」

と係の方に言葉をかけられると
なんとも感慨深い気持ちになりました

考えてみれば
最初にハローワークに失業給付の申し込みに行ったのが
昨年の11月14日、忘れもしません本試験の2日後のことですから
あれからもう6ヶ月と約2週間も経っています
所定の給付日数が90日ですから
給付金を満額もらうのに倍以上の日数がかかったことになります

これでも事前に、失業給付の全額受給にかかる期間を
色々と資料を見ながら計算をしてみたのです
それによるとちょうど5月のゴールデンウィーク中まではかかるだろう
と答えがでたのですが、やはり机上の計算というのは
あくまでも机上のもので、現実を予測することは難しいですね

日々、貯金が減少していくだけの生活というのは
なかなかに不安で、心配で、恐いものなので
月に数万円だけでも稼ぎたいと思っていたのですが
試験まで軽く半年をきってしまった現状を踏まえて
今年は、本試験が終わるまで働かないことに決めました
そして、もうこうなったら、試験勉強に費やすお金も
惜しまず使うことに決めました

全財産を使い切ってでも合格してやる!

その後のこと、合格後のことは合格後に考えたいと思います
机上の計算は当てにならないので 


テーマ:行政書士試験 ジャンル:就職・お仕事

H.19年度行政書士受験勉強の日々  
【2007/05/29 15:45】 トラックバック(0) コメント(2)
熱い夏になりそうです
昨今は “ 女性が強くなった ” などと言われて久しいですが
何をおっしゃるウサギさん、女性は “ もともと強かった ” のですよ
と言いたい。むしろ男性が弱くなったのだと思います

本日行われた 第74回日本ダービー
牝馬としては64年ぶり、3番人気のウオッカが
驚くべき3馬身差の圧勝劇で優勝をしました

もともと強かった女性、牝馬を甘くみてしまった私は
無残に玉砕、もうこれからは黙って女性について行こう
と固く誓ったのでした・・・

話しは変わりまして
前回の試験が終わってから今まで、おもに過去問を中心とした
勉強をしてきたのですが、早いものでもう試験まで半年をきりました
これからは本試験を頭に入れた、より “ 実践的 ”
勉強を盛り込んでいきたいと考えているところです

ユーキャンでは実践的な内容はあまり期待できないので
また昨年と同様に “ 全国模試行脚 ” で追い込みを
する予定ではいたのですが、ここにきてユーキャンをメインとした
勉強法では少しばかり、いやかなり不安になってきたので・・・
秋の全国模試行脚の前にもう一つ “ 答練づけの夏 ”
という作戦を加えることにしました

昨年はLECの通信講座の答練を受けたのですが
今年は、通学での答練を受講しようと考えています。
今のところまだ予備校は未定で、模索中ですが
今の私の生活には “ 通学 ” というメリハリが必要なことと
どの予備校の答練も、通学のほうが受講料が安いので
まさに願ったりかなったりです

  
 

テーマ:行政書士試験 ジャンル:就職・お仕事

H.19年度行政書士受験勉強の日々  
【2007/05/27 23:57】 トラックバック(0) コメント(2)
油断できないなこりゃ
今日はちょっと見て頂きたいものがあるのです

日本国憲法(25条1項)
「すべて国民は、健康で文化的な最小限度の生活を営む~」
「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む~」

日本国憲法(90条1項)より
「決算を国会に提出するのは、会計監査院である 」
「決算を国会に提出するのは、会計検査院である 」

地方自治法(124条)より
「普通地方公共団体の議会に請願しようとする者は、議会の紹介~」
「普通地方公共団体の議会に請願しようとする者は、議員の紹介~」

それぞれ上の段が間違いで、下の段が正解の文なんですが
実はこれ、みんなユーキャンのミスプリントの一部なんです(笑)
今まで色々なミスプリントを見てきましたが
これほど、ある意味 “ 危険 ” なミスプリントは初めてみました
このまま覚えたら大変なことになります、誤字ではなく、
全く意味が異なる単語と間違えているのですから困ったもんです
しかもこのような間違いが全部で80ヶ所以上・・・
このミスプリントの訂正に費やした時間、約4時間・・・

今年は安さに目がくらんでユーキャンに合格を託したのですが
こんな状態ではこの先が思いやられます・・・トホホのホ
はたして “ 安物買いの銭失い ” になるかならぬかは
試験の結果次第です。自分のため、家族のため、そして
ユーキャンのため?!合格あるのみです!

トホホのホ

テーマ:行政書士試験 ジャンル:就職・お仕事

ユーキャン  
【2007/05/26 23:21】 トラックバック(0) コメント(5)
はぁ、細かい事を気にせず合格したい
よく答練模擬試験の会場で
机のかたわらに飲み物を置いて
ゴクゴク飲みながらやっている方がいますが
尿意は大丈夫なのでしょうか?こっちが心配になります(笑)
本試験では飲食禁止なので気を付けたほうがいいです
(当り前ですが)
ちなみに帽子耳栓の使用も禁止なんですよね

今まで私は、過去に何度も試験を受けていますが
全部違う会場で試験をしました
引越しをしたこともあったので、そのせいもありますが
同じ地区に住んでいても、毎年けっこう選べる試験会場がころころと
変わるので、気に入った会場があってもそこで必ずできるとは
限りません。また同じ会場でも教室によってまったく違ってきますので
こればっかりは “ 運 ” ですね

私が本試験の会場でまず一番困ることは
自分の席のスペースが狭いときですかねぇ
ふだん予備校の自習室などである程度の広さに慣れてしまっていると本試験の会場である大学の“ 狭い机と小さなイス ”
に戸惑ってしまいます。

次に困ったことは “ 周りの騒音 ” でしょうか
意外というか、驚いたというか、試験会場ってけっこうウルさいんです
会場が大学なので、学生の騒ぐ声や、何かの練習をする声
業者さんが平気で 「ガガガガガガーッ」 と工事をしていたり(笑)
てっきり係りの人が注意をしてくれるものだと思ったら
一切そんなそぶりはないんですねこれが
まぁ、こんな騒音はすぐに試験に集中してくるので
ぜんぜん気にならなくなるんですけど

ということで、私は日頃から
“なるべく本試験と同じ条件で” “色々な環境に慣れる”
をモットーに勉強しています。
本試験の会場は行ってみないとどんな環境か分からないので
あまり変なクセをつけないようにしています

テーマ:行政書士試験 ジャンル:就職・お仕事

H.19年度行政書士受験勉強の日々  
【2007/05/25 16:40】 トラックバック(0) コメント(2)
合格すればいい思い出
試験当日にはなるべくリスク要因を持ち込まない

心配性な私は、全国模試の会場で色々なことを試しました
昨日のブログでも書いたバナナもそうですが
飲み物、試験前の飲み物も色々と試しました

昨年から試験時間が2時間30分から3時間に増え
私がまず最初に懸念したことは “ 尿意 ” でした
試験の途中でトイレに行くなんて、それだけで

「負けた・・・」 気がします(笑)

そこで私は、緑茶、コーヒー、水、をそれぞれ
各模試の前に飲んでみて、その後の試験中にどれほどの
尿意を感じるか試してみました

結果は緑茶&コーヒーの利尿作用有り組は、試験中も
さほど尿意を感じなかったのに対し、たぶんこれは大丈夫だろう
という私の本命だった水が、試験開始15分後には
確かな尿意を感じ始め、30分後には完全に試験に
集中できなくなったため、コソコソとトイレに駆け込みました

その時は模試だったので、コソコソするだけでトイレに行けましたが
これが本番だったらと思うと、ゾーッとしました・・・

今まで本試験の最中にトイレに行った人を見たことがありません
誰か一人でもトイレに行った人がいれば、心強いのですが

緑茶やコーヒーではなく水が危ない、という実験結果に
緑茶、コーヒー=利尿作用という図式が成り立たなくなり
それじゃいったい何を飲めば・・・と途方に暮れてしまいました

もちろん人によっても違うと思いますし
その日の体調によっても違うとは思うんですけどね
それにこの実験結果を信じ、緑茶かコーヒーを飲んで
試験本番の日に限って利尿作用大当たり~というのも恐い

う~んどうしよう

悩みに悩んだあげく出た解決策、そして
その解決策を本当に実行するかどうかも悩みに悩んだ
いつまでも決心がつかない、悩む悩む、う~ん悩む悩む・・・

「よし、やろう!合格すればこれもきっといい思い出になるさ!」

合格すればね・・・
その年、何が何でも合格したかった私は
尿意というリスクを回避するため

成人用紙オムツ をはいて本試験の会場に向かったのでした

いくら合格のためとはいえ、今思うと、我ながら「アホやな」
と思います・・・


テーマ:行政書士試験 ジャンル:就職・お仕事

H.19年度行政書士受験勉強の日々  
【2007/05/24 16:07】 トラックバック(0) コメント(4)
けっきょくバナナの効果は?
今年は通信講座で勉強をしているのですが
やはり答練と全国模試は会場に行って
現場の雰囲気の中でやりたいものですよね

初めての街、初めての会場、初めての机とイス
大勢の見知らぬ人たちの中での試験

なるべく本番に近い環境で模試などを受けることは
試験当日、自分の力を出し切るためにも必要だと思います

あとはできたらこの模試や答練の段階で
色々と失敗をしたり注意点などを見つけておきたいですね

昨年はちょうどバナナが頭に効く
バナナを食べると脳の働きがいい
ということが話題になっていた時期でしたので
模試や答練の前には必ずバナナを食べることにしていました

しかし、今となってはその効果も怪しいものですね
別に自分が試験に落ちたからというのではなく
その情報元が、例の世間を騒がせたテレビ番組だったからです
確かデータの改ざんやヤラセを行った対象の中に
バナナは含まれていなかったと記憶していますが
それにしても信頼が根底からくつがえったことには間違いありません

振り込め詐欺や架空請求などには騙されない自身があっても
こういったテレビなどから「これが効くんです!」などと
自信を持ってやられると、テレビっ子の私なんかは
何の疑いもなく信じてしまいます。。。

ちなみに今年は “ 栄養ドリンクとチョコレート ” がいい
と教えていただきましたのでやってみるつもりです♪

ただしこういう普段やらないことを試すのは、
答練や模試の段階からやっておくことを強くお勧めいたします


一見、問題がないように思えても、何が起こるか分かりませんし
何がきっかけで問題に変わるか分かりませんから

テーマ:行政書士試験 ジャンル:就職・お仕事

H.19年度行政書士受験勉強の日々  
【2007/05/24 01:25】 トラックバック(0) コメント(4)
ある学校の話
昨日、予備校の全国模試行脚の話しをさせてもらったのですが
自分の所属、自分の通っているところ以外の予備校で
模試を受けるのは単純にオモシロイですよ

「ふむふむ、この学校の自習室は小学校みたいな机だなぁ」とか
「おお~っ便器がウォシュレット!?」とか
「何だ何だ!?ここは俺以外はみんな顔見知り!?」

なんて学校もありました(笑)
最後の自分以外みんな顔見知りだったとこは
後で分かったことなんですが実は “ クラス ” だったのです!
だから模試が始まる前に
普通に前回の小テストの返却とかしてましたから(笑)
ある日クラスの中に突然 “ 転校生 ” がまぎれ込んだ
という感じでしょうか。どーりでみんなの視線を感じたワケです(笑)
だったらちゃんと黒板の前で転校生の紹介をしろってんだー!
にゃろめーい!

どうやらその学校はいつものクラス授業の流れの中で
全国模試が組み込まれているんでしょうね
どう思います?一般の受験生もその中に入れてしまうって(笑)
しかも一般参加者は自分だけのようでした

何だかだんだんと思い出してきちゃったので続けます
それで普通はたいてい試験の後にちょっとした解説があったり
解説のテープを渡したりするのが多いのですが、その学校は
「今日の全国模試の解説は来週の授業の中でやりまーす」
なんて言ってましたからね(笑)
オイオイ俺はどうすんねん…俺みたいな転校生は無視かい!?
あと “ 試験問題がホッチキスで閉じられていない ”
これはハッキリ言ってすっごい扱いづらいです!地味に最悪です!?
ホッチキスくらいせいや~ほんまに~(笑)

もう止まらなくなってきたんで最後にもう一つ
ここの模試は夜からだったんですねぇ
なんせ普段の授業の流れの中での全国模試ですから
そりゃ夜やりますよ。でも…本試験は…昼の13時ですから~!!

というワケでこの学校の全国模試はたぶん今年は受けません
ちなみにその学校は「本気」にならないと入ってはいけない学校です

テーマ:行政書士試験 ジャンル:就職・お仕事

H.19年度行政書士受験勉強の日々  
【2007/05/22 17:00】 トラックバック(0) コメント(0)
アウトプット侍
全国模試ってどうして試験の1、2ヵ月前に
集中してやるのでしょうか?

もちろんその時期に全国模試をやる理由は分かります
が、もう少し各予備校ごとにバラけてやって欲しいなぁと思います
せめて日程だけでもズラしてできないものかなぁ…
というのも昨年の私は
“ 各予備校の全国模試をできる限り受ける! ”
という試みをしたのです

その年の前の本試験、2年前の本試験ですか、さあやるぞっと
問題を見た瞬間、サーッと血の気がひきました
今まで授業やテキストや過去問や答練や模試などでは
まったくお目にかかったことのない “ 質 ” の問題
ばかりだったのです
いくら応用力が必要とは言っても
本試験ってこんな応用ばかりの問題でしたっけ?!

その時の強烈な印象が頭から離れず
昨シーズンは過去問は当然のこと
さらに過去問を上回る量の予想問題と全国模試など
初めて見る問題を数多く解こう、その名も

『 本試験でご対面する応用やパンチの効いた
      問題でもビビらないようにする作戦 』 を決行したのです

その一環で、各予備校の全国模試行脚をしたのですが
実際はスケジュールが重なったり、試験時間が夜だったりと
結局たいした数はこなせませんでした、4ヶ所くらいだったと思います

「全国模試なんて1回でいいんだ」
という記事をどこかで読んだこともありますが
昨年の本試験で私は “ 初の手応え ” を感じ
とりあえずどんな問題でもビビらず立ち向かえるようにはなりました

今年も市販の予想問題集数冊と全国模試を受けまくりまーす!

テーマ:行政書士試験  ジャンル:日記

H.19年度行政書士受験勉強の日々  
【2007/05/22 00:16】 トラックバック(0) コメント(0)
合格の先にあるものってなんだろう
私は試験に合格した暁には
ぜひともやってみたい、いやむしろ「やらせて~」
ということがあります、それは

合格体験記を書くこと

きっと “合格体験記を書く” 行為そのものよりも
合格体験記を書ける身分、合格体験記を書けるということの意味
というものに惹かれるのでしょう・・・発想がお子ちゃまですが

合格によって得るもの、合格の “その先にあるもの”
というものにむしょうに、狂おしいほど!?に憧れます
「私、焦がれてます!」

もちろん合格体験記はその中の一つでしかないのですが
あの合格体験記、誤解を覚悟で言わせてもらえば
あの、少々ウサン臭そうな合格体験記(すいませんっ)
ウサン臭い私にピッタリです

でも結局はやらないんだろうな。。。
何だかそこで終わってしまう気がするから
私の合格体験記はそんな安くはないから

すいません、ひねくれてますね
屈折してます

テーマ:行政書士試験  ジャンル:日記

H.19年度行政書士受験勉強の日々  
【2007/05/21 05:56】 トラックバック(0) コメント(0)
仕事の肩書きはありませんが
私は行政書士浪人生という肩書きの他に
通信の短大生という肩書きもあります

以前、通信の四年制大学にも通っていたことがあるのですが
会社と両立ができず・・・いや両立が嫌で、単位をとったか
とらないかのうちにやめてしまいました

“ 通信の大学は簡単に入れるが、卒業は難しい ”

噂通りでした
それから数年後 “ 通信制の大学は、短大から始めたほうがいい ”
ということをある本で読み、調べてみると
四年制に比べ短大は、興味のある学部が多いことが分かりました

私は社会に出てから
「今、勉強をしたい」と四年制の通信大学に入ったのですが
いざ入ってみると、自分の学びたい分野以外の科目が多すぎて
学ぶという純粋な充実感はありましたが、決して楽しいものではなく
それは私の望んだものではありませんでした

時は夏の終わり、後期入学を目指すならもうあまり時間がありません
入念に下調べをし、念入りにイメージトレーニングを繰り返し
何度も何度もカレンダーと、そして自分の今後の青写真とを
照らし合わせ、ようやく自分に合った短大を選びました

今日、家のポストを覗いて見ると“ 科目習得試験の結果 ”
と書かれた短大からのハガキが届いていました
ふーっ!呼吸を整え、恐る恐るハガキの中を見てみると・・・

評価は4科目オール

ガビーン・・・一体全体これは何という結果だい?!と自分に問う
「 はぁ、この先が思いやられるぞ~ 」と
ぼんやりオールCという結果に終わった科目名を眺めていると
その横には 合格 の2文字が
おいおい、やるじゃないか!俺だけは信じていたぞ!と自分を褒めた

私は今、空白の時を越え、大学の単位を取得したのでありました
まだまだ闘いはこれから、こっちも頑張ります!

テーマ:行政書士試験  ジャンル:日記

通信の短大  
【2007/05/19 22:37】 トラックバック(0) コメント(0)
波にさらわれたあの年
今日もまた、昔話をさせてください(笑)

「 アノ頃は若かったんです、若気の至りというやつです・・・ 」

その年は会社に入社して3年目
上司や先輩との信頼関係もようやく構築され
気が付けば下には後輩もちらほら、俗に言う“ 自分の居場所 ”
ができてきた頃でした。

そんなある日 「 一緒にサーフィンやりましょうよ! 」
と後輩に誘われました。試験に合格するまでは遊びは厳禁!
といつもならやんわり断っていたところですが
その頃は、いい意味でも悪い意味でも「 余裕 」があった私は
1回だけならと、軽い気持ちでOKしたのでした
まさかこの「 OK 」のせいで、その年を棒に振るとは思いませんでした…

その日はちょうど梅雨の明けた日でした
初めて手にするサーフボード、初めて着るウェットスーツ
「 ははっ、この俺がサーファーか、こりゃ笑える 」
 
と、若干の居心地の悪さを感じつつ海の中へ
まずはパドリングで沖へ
「 おおっバランスは少し悪いが前に進んでるぞ! 」
 
仲間に追い着いたところで今度は波待ち
「 中心より少し後ろのあたりに座ればいいのか…ヨイショと! 」 
うまくできた、重めの体重のせいか、驚くほど安定している(笑)
仲間にウマイウマイと誉められるが自分では分からない

しかし、サーフィンとはここからが勝負らしい
いい波、乗れる波を見極め、波が割れる前にパドリングで前に出る
そして後ろからやってくる“ 波に押された瞬間 ” ボードの上に立つ

などと教えられた段取りを頭の中で何度も反芻していると
「 これ!この波いいよ!…よしパドって! 」と突然声が飛ぶ! 
私はわけも分からないままガムシャラにパドリングをした
人間の水中での本能なのか、足でもバタバタ水を蹴っている
すると、今まで経験したことのない不思議な力と速さで私は
そう、それはまさに、“ 海の上を滑っていた ”
 
私は周りの景色を切り裂くように滑り
体中を得も言われぬ快感がかけめぐる 「 気持ちいい~!うお~! 」  
と叫んだ瞬間あることを思い出した “ 立たなきゃ ” 
両手でしっかりボードの端をつかむ
そして腕を伸ばしたと同時に私はボードの上に立った…

この出来すぎと言えば出来すぎのサーフィンデビューが
その年の行政書士試験を棒に振らせたのでした
あの日の“ 波に押され 海の上を滑り 海の上に立つ ”
という、言葉では言い表わせない感覚・・・
その“ 得も言われぬ快感 ”のとりことなった私は
その日からというもの寝ても覚めてもサーフィンのことばかり
最初こそ、しばらくは試験のことも頭の片すみにありましたが
サーフィンの腕が上がるのと反比例するかのように
「 行政書士 」への思いは薄れていきました…。

結局その年は
そんな状態でも試験だけは受けたんですから
世の中をナメきっています(笑)どうせ頭の中は
「 今日の波はどうなんだ? 」ってことしか考えていないくせに

それでサーフィンなんですが、今はおあずけ中です
あの中毒ぶりは、今は考えるだけでも恐いです、トラウマです
だからサーフィンは試験が終わるまで
本当の意味での「 最後の試験 」が終わるまで

オ・ア・ズ・ケ です

テーマ:行政書士試験 ジャンル:就職・お仕事

雑記  
【2007/05/19 01:29】 トラックバック(0) コメント(2)
やっぱり今年のテーマは“合格”あるのみ
毎年試験を受けていると
その年によって勉強のテーマが違います

もちろん真のテーマは合格ですし合格以外のテーマは
ありえないのですが・・・ややこしい(笑)

何といいますか
合格に向けて勉強をしていくにあたってのテーマってやつです!

ある年のテーマは
「試験が終わるまで、映画、読書、ゲーム、飲み会、競馬、お菓子
 ビデオレンタル、散歩、買い物、などなどのあらゆる遊びの禁止」
というものでした

「そんなヒマがあったら参考書を開いたほうがいいよね?僕ちゃん?」
と自分に優しく投げかけたわけです(笑)
自分で言うのもナンですが、私は約束を守る人間なので、もちろん
自分との約束も守ります。ですからこのテーマも試験が終わるまで
守ったんです、バカ正直に・・・

それでこの中でどの禁止が一番キツかったかというと、読書でした
私は同じ作品なら映画ではなく迷わず本のほうを読みますという
くらいの読書派なんで、これが一番キツかったです

またある年のテーマは
「会社の近くで出勤前と退社後に必ず勉強をする」
というものでした

きっかけは、朝の通勤時間に勉強をしていたのですが
いつも、集中力も増してきてもう周りも見えないくらい
気分がノッてきた頃に駅に着いてしまい、悶々としながら
会社に通っていた時に
「そうだいつもより少し早く出て、会社の近くで勉強をしよう♪」
とひらめいたんです

このテーマがまた簡単なようで難しく、毎日はできませんでした
まずは勉強場所の確保が大変でしたね。最初はファーストフードや
コーヒーショップなどでやっていたのですが、やはり会社の近く
ということもあり「オハヨー!あれ?こんな朝早くから何してんの?」
なんて会社の同僚や上司などに遭遇してしまうんですね・・・
普段はなかなかの演技派の私も、その時ばかりは顔がひきつって
いたことと思います(笑)

そこで飲食関係を諦め、今度は漫画喫茶へと理想の勉強空間を
求めていきました。漫画喫茶なるものに足を踏み入れたのは
この時が初めてでして、ドリンクは飲み放題だわ個室もあるわで
かなり感激しました。おまけにもちろん新聞も各紙そろっているので
一般教養対策にもバッチリでした。

ただやはり、どんなに割引きなどがあっても毎日となるとベラボー
なお金がかかってしまうのと、どの漫画喫茶もそうだったんですが
分煙がきちんとされていないんですね。私はタバコの臭いと煙には
特に敏感なので、こればかりは我慢できず、自然に足が遠のいて
いきました。

そんなこんなで、最終的に行き着いた場所が

「会社の営業車の中」でした(笑)

私は営業職でしたので自分の社用車というものがあり
しかも会社の始業前には誰も来ることがなかったので
ここはまさに理想の勉強空間でした

結局その年は、会社の車の中で文字通り「朝昼晩」とずーっと
勉強していました。辞めた会社には何の思いもない私ですが
そのお世話になった車には今でも感謝の気持ちでいっぱいです

さて、それでは今年のテーマは一体何なんだ?「ナンだ?」
となりますが、今年はバリバリ本も読んでますし、競馬も
地味にやってますし、実はないんですよね・・・
あ、一つありました、テーマというか禁止しているものが

ニンテンドーDS

試験が終わる頃には普通に買えるかなぁ

テーマ:行政書士試験  ジャンル:日記

H.19年度行政書士受験勉強の日々  
【2007/05/17 19:27】 トラックバック(0) コメント(3)
ロサ・モタがもう折り返してますよ~
先ごろの過去問大回転から抜け出し
最近はもっぱらユーキャンの第一回添削課題に取り組んでいます

予想はしていたのですが、この添削課題、テキストには出てこない
内容の問題ばかりです(苦笑)法令はともかく一般知識はそれこそ
頭に知識がないと非常にキビシー!でも教育訓練給付・・ん?
あっ!?もう試験まで半年を切っちゃってます!やっちゃいました~
今ついチラっと右横の通称“ファイナルカウントダウン時計”を見たら
どう見てもあと178日ってなってます~

はぁ、もはやこうなると
「実際の試験開始は13時だから正確にはまだまだ・・」
などという議論の余地さえありません

前回の試験から今日まで「チャントベンキョーシテキマシタカ?」
と問われれば「イイエ」と答えるしかありません・・・

       “なんで俺は毎年こうなんだろう”

ただこの残り半年という時間
まだまだ無限の可能性を秘めていると思います
この期間、勉強の方法さえ間違わなければ必ず合格できます!

と信じて、自分を信じて、やるしかありませんよね

テーマ:行政書士試験  ジャンル:日記

H.19年度行政書士受験勉強の日々  
【2007/05/16 21:16】 トラックバック(0) コメント(0)
失敗と対策(1)
私は5回、行政書士試験に落ちています
もしかしたら5+1回かもしれないのですが
なんせ歴史が長いもので・・・しょうじき忘れました

なんで、このブログで「行政書士試験の傾向と対策」や
「受かるための勉強法」「行政書士Q&A」
さらには「行政書士難民駈け込み寺」などなど
とてもじゃないですがエラソーな事は書けませんし書きません
もしかしたら「これで間違いナシ!」なんて調子にのっていつか
やってしまうかもしれませんが、まぁ「推定5回以上」落ちた人間の
アドバイスなんて誰が聞くでしょう?!聞いちゃいけません(笑)

ただ、推定5回以上落ちたということは
一発合格や一浪合格をした人にはない
「行政書士試験“不”合格への歴史」悠久のロマン!があるのです!
まぁ早い話しが「失敗の積み重ね」です

というワケで今日から「失敗と対策」と題しまして
不定期ではありますが、私の過去の失敗や過ち「むむ!これは?!」
など、失敗したこと気づいたことを時々とりあげてみたいと思います

さて初回の今日ですが、緊張してきた(笑)・・・緊張してき「チャー」
よし緊張もとれました!さて第一回目は「時間配分での失敗」です

前回の平成18年度行政書士試験にて、試験制度の改正が行われ
法令科目の出題数が増えたことにより「試験の難化傾向」に拍車が
かかるのではないか?と懸念されていましたが、フタを開けてみると
それほど難しくなったという印象はなく、基本事項を問う問題が多く
問題文自体も読みやすいものでした

「今年はいける、チャンスだ、1問1問確実に解いていこう」


ところが一見易しい問題なんですが、どうしても最後に選択肢が2つ
残ってしまうという問題が多く、その度にかなりの時間を費やして
しまうという事態に陥りました。

その結果、多肢選択式、40字程度の記述式、一般知識等の
問題20問を残して何と残り時間30分!!
5回目にして始めてちらついた“合格”の2文字に
あまりにも慎重になってしまったのです、まさに「初歩的ミス」でした

天から地獄、先ほどの浮かれ気分はクサレ気分へと急降下
お尻の穴がキューッとちじこまり、冷や汗が出るのに体中がほてってくる

「ま、まずいぞ・・これは本格的かつ確実的にまずいぞ・・・」

目の前には初めてお目にかかる多肢選択問題がある
これはたぶん国語の読解力があれば何とか解けるだろう、しかし
一般知識をやらないことには足きりになってしまう、よし!
「一般知識→40字記述→多肢選択の順番でいこう」
念のため、初めて見る多肢選択問題は点数の配分も分からないので後回しにした・・・しかし

その後は結局、多肢選択式を解くこともなく時間切れ
試験後の自己採点では、一般知識が足きりにならずに済んだものの
やはり多肢選択式の「白紙」が響き、試験当日には留年が決定しました

失敗点は何といっても
「1つの問題に時間をかけすぎ」という点ですね
難しい問題、判断しかねる問題は後回し、というのが本来は鉄則
なのですが、試験を受け始めて以来の手ごたえに、かえって
頭が硬直し、慎重になってしまいました
そして「時間をかけすぎ」に関係することでいうと
私は基本的に「心配性」なので、間違いがないよう、何度も問題を
読み直してしまう悪いクセがあるのです。できたら問題を読むのは
1回にしたいのですが、この心配性というのはなかなか直せません

そして色々と考えた結果
「問題を速く読めばいい」という結論になりました
そこで今、パソコンの速読ソフトを使って、一秒でも速く問題を
読めるよう鍛えています。これはあくまでも試験対策なので
「一分間に何千文字も読めた!」なんて目指してはいません(笑)

この「速読」に関しては、もう十何年も前から興味がある分野でして
様々な書物で研究(大げさ)したのですが、いまだ習得はしていません
また機会があれば速読に関することも書いてみたいと思います

テーマ:行政書士試験 ジャンル:就職・お仕事

H.19年度行政書士受験勉強の日々  
【2007/05/15 21:50】 トラックバック(0) コメント(2)
風邪は周りにも迷惑です
試験勉強や受験勉強をするにも
やはり体力が必要ですよね

ここ何年か勉強生活を続けてきて発見したのですが
頭というか脳みそにもスタミナってあるみたいなんです

普段はほとんど眠くなったり飽きたりといった要因で
勉強を「今日はおしまーい」にするのですが
この頭スタミナが切れるときというのは
たいてい「おっ今日は調子がいいな~」という日で
なおかつ眠くもならず飽きもせず
調子の良さにまかせて8時間とか9時間とかやっていると
徐々にだんだんと、頭の奥が少しキューとしてきて
しまいには文字が読めなくるのです

目にはハッキリと文字が見えているのですが
ただただそれを見つめることしかできず
頭がその後一切の思考回路を遮断してしまう
まさに「フリーズ」状態になっしまうのです
こうなるともうしばらく休むしかないのですが
やはり、その後はあまりはかどりませんね(笑)

この頭スタミナは
たぶん甘いモノなどで糖分を補給したりすればいいと思うのですが
体スタミナ、普通に体力って言えばいいのか・・・
この体力はやはり、それなりにトレーニングしなければなりません
私は趣味がマラソンと筋トレということもあって
この2つを欠かさず・・・まぁ最近は欠かしつつですが
勉強体力の維持向上のためにやっております

私はノドが弱く、暇さえあればノドから風邪をひいていたのですが
きっとマラソンのおかげでしょうか
ここ数年、まったく風邪をひいてないんです

マラソンは、心肺機能や持久力、脚力、腹筋、背筋、根性
などなど色々と鍛えられるんですが、実は気管支を含めたノド周りも
鍛えられるんではないかと、わたくし密かににらんでおります、ギロッ
マラソンを始めたばかりのとき、久しぶりに走ったときなど
終わったあとはもう気管支が「ヒューヒュー」言って
しばらくは咳きが止まらないのですが
気管支が鍛えられてくるとヘッチャラです

よければ皆さんも
簡単なジョギングから始められてはいかがですか?
頭も冴えて気持ちいいですよ!
大事な試験当日になって風邪をひき
ゴホゴホ、ズルズルやりながら問題を解くなんて
考えただけでも寒~くなります・・・あっ、風邪ひきそう

テーマ:行政書士試験  ジャンル:日記

H.19年度行政書士受験勉強の日々  
【2007/05/14 16:11】 トラックバック(0) コメント(2)
みなさんも来年はご一緒に
本日の
JRA東京11レース第2回ヴィクトリアマイル(G1・芝1600)
コイウタ号に騎乗し、デヴュー5年目にして
見事!初のG1制覇を果たした 松岡正海 騎手 
おめでとうございます!!

レース後、顔をクシャクシャにしながら
何度も、何度も、何度も、何度も、何度も、何度も
お客さんから見えなくなるギリギリまで
ガッツポーズをしていた姿に、私は胸が熱くなりました

G1初制覇という大仕事に、自然に、素直に、ありのままに
喜びを表現するあなたに、夢をあきらめない、自分を信じる
という大切さを教えてもらったような気がします

買わなければ当らない宝くじと一緒で
夢もあきらめたら絶対にかなうことはありませんからね
最後は自分だけでも自分を信じてやらなきゃ

なんたってこっちは6年目の挑戦です
来年の試験発表日には今度こそ私がガッツポーズ

何度も、何度も、何度も、何度も、何度も

何回だってやってやるんだかんね~(笑)

テーマ:行政書士試験  ジャンル:日記

H.19年度行政書士受験勉強の日々  
【2007/05/13 18:56】 トラックバック(0) コメント(0)
ヒキコモリ VS 青空
今日はとてもいい天気で
こんな日は、最近「ヒキコモリ」を始めた私でも
さすがに「おんもに出てみようかしら?」
などと子供の手を引いて散歩でもしたくなります、子供はいませんが。

会社勤めをしている頃は
会社になんて来ないで毎日、試験勉強できたらどんなに幸せだろう
などと、肝心の「試験に合格」する夢を願わないで
会社に行かず毎日勉強がしたいという夢ばかり願っておりました
その結果、願いが通じたのか見事!まれに見る優秀な成績で!
念願の「会社に行かず毎日試験勉強ができる」
の夢を手に入れたのでありまーす!!パチパチパチパチパ・・・
試験に合格するわけがありません

まぁとにかく、行政書士試験の勉強だけができる、しなければならん
という生活を手に入れ、合格に向けて順風満帆かと思われたのですが
そこには、深い深~い落とし穴が待ち受けていたのです、それは

「無職ってツライ・・・」

この無職という状態、働いていないという状態が
けっこうな破壊力で私をむしばんでくるのです
思えば私は、高校生の時にアルバイトというものを始めてから今まで
「働かない」という時期がまったくなかったのです
常に何かしらの仕事はしていて、まったくの宙ぶらりん
という今のような時期は経験したことがなかったのでした

いや~こればっかりは「想定の範囲外」でしたぁ
「絶対、試験に受かってやる!今がチャンスだ!」
と鼻息も荒く自信満々で会社を去って行った時には
まさか自分が「働いていない自分」
という状況に追い詰められるとは思いもしませんでした。
無職ってけっこう精神的にきますね・・・

例えば
駅前の交差点で信号待ち、駅のホームで電車を待っているときなど
誰でもボーっとする瞬間はあると思いますが
その時なんです!その瞬間なんです!
私が「ズドゴゴゴーン!!」と深い穴に落ちるのは
そのどこにでもある平凡な風景、日常的なら日常的な風景ほど
正面から直視することができないのです
平凡でどこにでもある穏やかなこの世界に
私はいつの日か、入ることができなくなってしまったのです

「今のオマエにそんな資格などない」

「オマエとは住む世界が違うんだ」

ただこうして、社会をナナメから見ていると
今までは見えなかったもの、見ようともしなかったもの
たくさん見えてくるんですね。
自分をとりまく様々な配置、並び、順番、なども変わってきます
目の視力は悪い私ですが、違う視力はよくなったようです
メガネいらずです

今日はほんとによく晴れていい天気ですね~
こんな日は、キャンキャン騒ぐ子犬をひっぱって
散歩でもしたくなります、子犬はいませんが

テーマ:行政書士試験  ジャンル:日記

H.19年度行政書士受験勉強の日々  
【2007/05/12 15:42】 トラックバック(0) コメント(0)
費用対効果、いまだ効果を回収せず
約6ヶ月続いた独学体制も
ようやく届いたユーキャンによって終わりをつげ
今日から規則正しい「厚生労働省指定通信教育講座」体制
に生まれ変わりました。

前回の試験の当日に
予備校の解答速報で5度目の不合格を宣告された私は
2、3日ばかり自暴自棄と錯乱の日々を過ごしたのち
またいつもの場所で、1ヶ月ほど前に入学していた
短大の勉強を始めました

予備校の自習室はいつもと同じ空気が流れていて
ここで過ごした約1年の努力が無残にも打ち砕かれたなんて
まったく実感はわきませんでした。
私はここで、つい2、3日前まで合格を信じ、合格することを疑わず
まさに一心不乱に机に向かっていたのです
5度目の経験とはいえ、相変わらずこの「年に一度のチャンス」
に敗れたショックは言葉にできません

私はほんの数分も我慢できないうちに
様々な感情がこみ上げてきてしまい自習室を出ました
休憩コーナーのイスに座りボーっとしていると
「もうやめようかな」そんな言葉が浮かんできます

「そんなに勉強してダメだったんだ、もうやめたほうがお前のためだ」

周囲の人間が気を遣って言わない言葉を
怪人ネガティブーと化した私はあえて自分で言ってみた
悔しくてたまらない!
となりにサンドバッグがあったら
3分50ラウンドは殴り続けただろう
すると今度は
正義のヒーロー!ミスターポジティブマンタロウが現れた!
「そんなに勉強してアカンかったってことは、中身が悪いんやろ!?」
どうやらこのヒーローは関西出身のようである
「勉強は量やない、勉強は質やで兄ちゃん!!」

勉強は量より質・・・
今までの努力がムダと分かるのがイヤで、考えないようにしていたが
私はこの1年間、いや5年間、間違った勉強をしてきてしまったようで
勉強の量をこなせば合格が自動的に保障されると、錯覚していたのです
それは、いかにも心配性な私らしい間違いでした

とりあえず今のところは、出題率の低い科目を捨てる
なんてことまでは考えていませんが
出題率に合わせた勉強をしていきたいと思っています

俗に言う 費用対効果 っていうやつです

テーマ:行政書士試験  ジャンル:日記

H.19年度行政書士受験勉強の日々  
【2007/05/11 17:32】 トラックバック(0) コメント(0)
勉強のための勉強はもうやめだ!!
ついに届きましたユーキャン!!わーい♪


「オマエのためにはるばるやってきた」

さっそく中を開けてみると「おお~っ!」
テキスト7冊、過去問2冊、ガイドブック2冊にガイドビデオテープ
添削キットに提出用紙集などがギッシリ詰まっていました。
ユーキャンの講座は先に教材がまとめて届くので
自分のペースで進めることができます


「オレラ七人衆をあまくみるなよ」

まず驚いたのはその徹底した「安心して勉強を始められるため」の
分かりやすさの追求です。
きっとユーキャンは、受講する人の対象が様々なためでしょうか
各手続きや勉強を始める前のアドバイスなどが
誰もが分かりやすいように、もうとにかく至れり尽くせり状態なのです
例えば、教育訓練給付や添削課題など提出する用紙には
すでに名前や住所、提出期限日などが印刷されているのです
そのうえガイドブック2冊にガイドビデオテープですから。
ちょっとしつこいような気もしますが(笑)
今までまったく行政書士という存在さえ知らなかった人でも
バッチリ合格まで導きます!というコンセプトが
感じられます。


「オレらが噂のカコモン兄弟だ」

さて、何といっても肝心なのはテキスト!そして過去問!
まずテキストなんですが、私の予想に反して内容が濃いです
今までの
「優しいテレアポのお姉さん」といったイメージとはうって変わり
テキストは頭に合格ハチマキを巻いた
「俺について来い!熱血新人教師野郎」といった感じです。
この内容とレベルなら、過去問でつまずいた時でも
テキストにかえってくれば、必要にして十分な答えが
得られると思います。

そして何よりも私を嬉しくさせてくれたのが過去問2冊です!
「法令等編」と「一般知識等編」に分かれているのですが
何と法令等編の厚さが2.2センチ!一般知識等編が1.2センチ!
こ、これはブ厚い!ふたつ足したら約3.5センチ~(笑)!
中身も充実していて今年の過去問はコレだけでOKです!

う~む、これはいいかもしれない。
実はユーキャンというと「趣味の講座」という偏見があったのですが
どうやらこれは食わず嫌いだったなぁ
この内容で47000円はしょうじき安すぎて笑いが止まらない
大手予備校の、通学講座の何十万ていうのはまだいいにしても
通信講座での何十万ていうのは高すぎると思います皆さん(笑)!

これで合格できなかったら130%私のせいでしょう
そう、たとえどんなに教材が良くても、それを生かすも殺すも自分次第
一体どんな勉強をしたらいいのか
もうワケが分からなくなっていた私ですが
今年は初心にかえり、ユーキャンを信じて勉強しろよ俺

今年は「勝ちにこだわった試合」をします

テーマ:行政書士試験  ジャンル:日記

ユーキャン  
【2007/05/10 01:55】 トラックバック(0) コメント(0)
部長「同じ男に三度は負けぬぞ!」
ちょっとややこしい事件なんですが
「法律と格闘技」この両方が好きな私にとって
何とも複雑な思いの事件が起きてしまいました  

先月18日
「アメリカ人格闘技講師」の傷害致死事件の公判を傍聴していた
そのアメリカ人格闘技講師の「支援者」が
公判終了後に警備員に殴りかかり、身柄を拘束された。
そして今日
その警備員への暴行に対する制裁処分を決める裁判の場で
なんと今度は、こともあろうに裁判長を押し倒した上に
法服を破るなどの暴行を加えたというのです!

ニュース映像で見る限り、盛り場の用心棒という感じの大男で
空手の型のような動きをしていますが
法の番人である裁判官に対して暴力を振るうなんて

この様な行為は許してはならん!

法を少しでも学んでいる方なら誰もが同じ思いだと思います。
もしかしたらこの男は、おそらく前回の暴行の時に
法廷の警備の脆弱性を見抜いていたのではないでしょうか?
そうではないにしても、この男にしてみたら
裁判官に手を出すことはたやすいことだったんでしょう。

法服や法衣って法の象徴のようなものだと思うのですが
この「法服を破かれる」という事実
当の裁判官はもとより、司法機関法曹界
どのように受け止めているのかなぁ

やはり今回は、
一度法廷の警備に暴行をはたらいた男に対する公判なのだから
「きっとまたやるぞアイツ・・今日は絶対に好き勝手させるな」
と警備部門の部長の一言で
特別警戒なり厳戒態勢なり暴行注意シフトなり前進守備なり
それなりの対策が必要だったんじゃないかと

職なし資格なし甲斐性なしの男は思うのです

テーマ:行政書士試験  ジャンル:日記

H.19年度行政書士受験勉強の日々  
【2007/05/08 23:13】 トラックバック(0) コメント(0)
温故知新2006
今日、歯医者で前歯3本の型どりをして来たのですが…
ドーン!!しめて差し歯代約30万円なり~チャリ~ン。

私の歯はいたるところガタガタで、
特に前歯は、「いずれは差し歯になる運命」
と、もう何年も前から覚悟はしていました…。がしかーし!
一つ文句を言わせてもらうと…え?誰に?えーと、
えーとえーとえーと、歯の神様♪
んで、言わせてもらうと「…何でこのタイミングやねん…」

私は限りある貯金を何とかやりくりして生きている身分です。
しかも「貯金暮らし業界」の中でも最下層の人間です。
そんな私に歯の神様はなんと、
おーなんと厳しい試練をお与えになったことか…。

30万円といえば来年、いやあと2、3年分の行政書士
勉強費に相当する額ではないですか!おーっとイカンイカン、
行政書士の勉強は今年で終わりにすると、
あれほど初詣の時に誓ったであろうにこのバカチンが!?
来年のことは考えるんじゃないよ、鬼が笑うよ!

いやいや(笑)実際30万円あれば、
予備校の通学コースに通っていたと思います。
それに六法や参考書なんかももちろん
「2007年度版」に総入れ替えしちゃいますよ!
はぁ悲しい…私、過去問以外は今だに
「2006年度版」使ってるんです、ハハッハハハッハ…
(今年は大きな改正ってあるのかなぁ?あったら手書きで追録)

他にもDSとか奥田民夫記念ライダー1号&2号とか
欲しいモノはたくさんあるのですが、いいんです今は。
だって来年になれば、教育訓練給付金も貰えるし、
確定申告医療費控除も受けられるし(笑)

それに来年こそは、お金では買えないアイツを、
きっと手に入れているはずだし

テーマ:行政書士試験  ジャンル:日記

H.19年度行政書士受験勉強の日々  
【2007/05/08 02:20】 トラックバック(0) コメント(0)
背水の陣で伝家の宝刀を抜く
私は今回、行政書士の通信講座を探すにあたって、
次の5つの条件を定めました。

1 受講料は5万円前後
2 通信講座であること
3 学習経験者コースであること
4 教育訓練給付制度の対象講座であること
5 合格率もしくは評判が悪いよりは良いこと

一応この並びは優先順序にもなっているんですが、
貯金暮らしの私にはやはり最優先はお金です。
もう湯水のように学費を浪費するなんてできません…
ええできませんとも。だからこそ!
今回ついにあの伝家の宝刀、「教育訓練給付制度」を
使うことにしたのです!

勤続6年の退職金なんて、
市民税やら年金やら国民健康保険やら車検代やらで
キレイになくなる位のちっぽけなもんでしたが、
しかしこの勤続6年という数字、
こと教育訓練給付の世界では実に頼もしい数字なのです。
教育訓練給付制度は勤続年数、正確には雇用保険
被保険者期間が5年を境にして、
対象講座が終了したあとで貰える給付額が大きく違ってくるのです。
ちなみに5年以上の私は受講料の40%に相当する額を
ハローワークから受給することができます。
(ただし対象講座内での課題やテストなで基準点をとる必要あり)

現役のサラリーマンの時には、
国からお金をもらって勉強するなんてことには
まったく興味がなかったのですが、
いざ会社を辞め、収入がなくなると、
「もらえるものは何でももらってやるう~!」
という謙虚な気持ちに生まれ変わりました。

まぁ、教育訓練給付制度などの失業等給付をうけるのは
当然の権利、なんて言ってしまうと何だかエラそうですが

私は一日でも早く社会復帰を果たし!
そして誰もが認める立派な社会人として!
ささやかながら社会に貢献しつつお金を稼ぎ!
少しでも多くの税金を国に収めたいと思っているのでありまーす!

ということで、今年の私はお国に援助をしてもらい
悲願の行政書士試験合格を目指すのでありました


テーマ:行政書士試験  ジャンル:日記

H.19年度行政書士受験勉強の日々  
【2007/05/07 00:25】 トラックバック(0) コメント(3)
不合格の秘訣あります
サラリーマン時代、とても欲しくて欲しくて
たまらなかったものが勉強時間でした。

会社の振替休日や「月に1回は有給休暇をとるように」休みなどで、
たまに平日の予備校などに行くと、
自習室には朝から勉学にいそしむ人々でいっぱいでした。
「この人たちって一体…」と、
平日の朝から自習室で勉強できるご身分の方々を、
不思議に思うと同時にとても羨ましく眺めていました。

そして月日は流れいつしか私も、平日の朝から自習室で
勉強できるご身分となったわけです。が、その感想はと言うと
「大事なのは時間の量ではなく質である」でした。

昨年の10月に会社を退職してから今年の3月いっぱいまで、
日曜日を除くほぼ毎日、私は自習室に通いづめていましたが、
イスに座って過去問を眺めているだけなら10時間以上も可能です。
しかし効果的に、質の良い、勉強の内容が頭に入り続ける、
有効時間数はというと「最大で6時間」
が限界のように思いました。
さらに勉強を始めて、時間も忘れるほど
集中力を保つことができるのは「せいぜい1時間半」
ってところでしょうか。
たまに3時間以上持続なんて時もありましが、
たぶんそれは集中していたというより、
それこそただ単に時計を見るのを忘れたんでしょう(笑)

もちろんこれは私個人のデータというか経験上のことで、
中には毎日12時間以上は自習室にいるんじゃないか?
と思われる人もいますが、
だいたいそういう方々は休憩時間が長かったり
休憩の回数が多かったりします。
確かに適切な休憩タイムをはさめば、
10何時間という長距離も可能ですが、
果たしてその効果は?というと疑問です。
ちなみにこういう長距離ランナーの方々は
ほとんど皆、何故か教室の角っこが大好きでいらっしゃいます(笑)
更に何故か、というかやはり、自習室の開始時間の前に
こっそり忍び込み、場所取りをしていらっしゃいます(笑)

私は、ジャンルは違えど、法律を学んでいる人っていうのは、
ルールやマナーに厳しく、さぞかし真面目な人が多いのだろう
と思っていたのですが、その実態はというと
「ルールは守るがマナーは悪い」という印象です。
まっ、自習室の角っこの席なんて
一生座れなくてもいいんですけどね(大げさやなぁ)
ただ自分に欠けているのは、多少のマナー違反を犯してでも、
ガツガツ勉強する貪欲さ、危機意識なのではないか
と思うこともあります・・。

勉強時間を豊富に持っている人々を羨ましく思い、
そして豊富な勉強時間を手にしたその次は、
勉強に対する貪欲な精神を羨ましく思う…

いやぁ我ながら最低な人間ですな私は!!
何だか見えてきましたよ~試験に受からない訳が(笑)

たぶんこのブログの中には、
行政書士試験に受かる方法は見つからないけど、
何年たっても行政書士試験に受からない秘訣は
見つかるような気がしてきました(笑)

うーん、それはそれでいいのかもしれないなぁ

テーマ:行政書士試験  ジャンル:日記

H.19年度行政書士受験勉強の日々  
【2007/05/05 19:06】 トラックバック(0) コメント(0)
群れ防止機能付行政書士試験合格講座
今日もいかにもゴールデンウィークらしく、
近所の動物園に行って来ました。
何と今日と明日は無料公開日で入園料がタダなんです~!
今日は何でか知りませんが、明日は開園記念日につき
無料なんだそうです。
昨日のアトラクション待ち行列地獄の遊園地と比べ、
今日の動物園は混雑しているとはいえ、まぁそれなりに人が
流れてはいたので、全ての動物を見物することができました。
昨日の遊園地のように悪い日もあれば、
今日の動物園のように良い日もある。
行政書士試験も早く良い日が来ないかなぁ

私はもうかれこれ5年以上、
ある事情により…行政書士試験の勉強をしているのですが、
最初の年は某大手予備校の約20万円もする
通学コースに通いました。
サラリーマンだったので、時間はないがそれなりに
金はあるってやつです。
ちょっと記憶が怪しいんですが、その年はろくに教室にも通わず、
そして勉強もせず、もう不合格という結果以上の
惨敗だったという記憶があります。
しかしその最初の年以降は、不合格者の唯一の特権「再受講割引」
を使い、約15万円で受講することができました。
だけど2年目以降はずっと通学をやめて通信にしています。
今でもそうなんですが、「〇〇先生に励まされて」とか
「同じ目標の仲間がいたお陰で」とかいうノリが大っ嫌いなんで(笑)
もともと群れるのもムレるのも苦手なんです。

そんなこんなで予備校には多額の投資をしたわけですが、
残念ながら期待した見返りは得られませんでした。
私の、あくまでも個人的な予備校に対する感想ですが
「予備校に与えられた課題や問題を
 解いているだけでは本試験突破は難しい」です。
毎年試験の当日、問題を解き始めてまず感じるのが
「問題の意味が分からない」でした。
日頃から、予備校の過去問や答練や模試にばかり慣れていたおかげで、本試験のちょっと応用をきかした問題を前に、
難しいではなく、何を問われているか分からない、
「問題が難しい」という事態に陥ってしまったのです。
自分の勉強不足を棚に上げて言わせてもらえば、
裏切られた感でいっぱいでした。
模試の合格判定なんてクソくらえーっ!
ようやく前回の5回目にして始めて「問題の意味が分かった」
という段階です・・。

こういった経緯から、予備校に対する疑問を抱き始め、
今年は独学にしようかどうか悩んだわけです。
そしてその結果、選んだ答えが独学でもなく予備校でもなく、
ユーキャンになりましたとさ、めでたしめでたし(笑)

テーマ:行政書士試験  ジャンル:日記

H.19年度行政書士受験勉強の日々  
【2007/05/04 23:58】 トラックバック(0) コメント(0)
今年の試験日はゾロ目なり
今日はゴールデンウィークらしく、遊園地に行って来ました。
やはりというか案の定といいますか、
園内はなかなかの混雑ぶりで、最短でも待ち時間60分以上
中には120分待ちなんてものも・・・
ここ最近は全く勉強なんてしていないくせに、
こう無駄に待ち時間が長いと
「この無駄な時間でいったい過去問を何回できるんだろう」
なんて考えてしまいます(苦笑)

ところで、前回の行政書士試験は
平成18年11月12日(日)に行われたのですが
その前までは、10月の第4日曜日が試験日でした。
前回に限っては試験が2週間延びたことになったんで
「ラッキー!こりゃイケルぞ~」などと喜んだものですが
試験に落ちた今となっては「そんなこともあったわねぇ」
くらいのもんです(笑)

さて本年度の試験ですが、
財団法人行政書士試験研究センターによりますと
11月の第2日曜日ということですから11月11日になりますね。
え~と試験までは残すところあと6ヶ月と8日?
良かった~まだまだ半年切ってないもんね~
ってこの余裕がイカンのです!

だけどこの調子だとユーキャンが届くまできっと
何もしないだろうなぁ。
正直、今は過去問を見るのさえ嫌なんです。
何ていうか新鮮味がないというか、ワクワクしないというか
本当にこの機械的作業が国家試験の王道なのかなぁ
と疑心暗鬼中です。
うーんやっぱり私には独学はムリ!
早く来い来いユーキャン

テーマ:行政書士試験  ジャンル:日記

H.19年度行政書士受験勉強の日々  
【2007/05/04 00:30】 トラックバック(0) コメント(0)
生涯学習
本日、悩みに悩んだあげく、思案を重ねた結果、
ユーキャンの行政書士講座に申し込みを致しました。

私はここ数年、行政書士試験を受け続けています。
そして落ち続けています・・グフフ(苦笑)
果たして、オマエは何回落ちてんだ!?
え~と、とりあえず手元には本試験の問題が
5冊はあります・・・よって「現在確認ができる回数」は
5回になりますが何か?!

私の6年間のサラリーマン生活は、そのまま行政書士試験挑戦の
歴史でもあるわけです(今気が付きました)。
思えば、膨大な時間とお金を注ぎ込んできましたなぁ
週末や休暇をほとんど勉強に費やし、毎月の給料やボーナスも
まずは試験勉強に充てるのが最優先「勉強時間を金で買う」
ということもよくしておりました。

結果が出ていないとは言え、やはりそれなりに知識だけは
蓄えられているので、さて本年度の試験対策をどうしようか?
と昨年末から悩んでいたのです。
無駄な知識だけはあるので、今年はただひたすら国家試験王道の
「過去問回し」を何十回と重ねるだけにするか(金もないし)?
それとも、もういい加減合格したい、時間もあるし、いっそのこと
大手の予備校の通学コースなんぞに入ってやろうか(金はないけど)?
と両者でせめぎ合っていたところ気が付けば何ともう5月~っ!?

てなわけで、自分の意志の弱さ、怠けものっぷり、集中力の短さ
言い訳のうまさ、などを考慮し、完全なる独学は諦めて
「値段は安いが内容は良さそう」なユーキャンの行政書士講座を
申し込んだという次第です。

そうそう、私は何度も何度も試験に落ちていますが、
まだまだそんなにメチャクチャ難しい試験ではありませんので
行政書士に興味のある方、心配する必要はありませんよ
あなたならきっと大丈夫!合格間違いなし(笑)!

ただ注意して欲しいのは、よく資格情報の雑誌や本などに
載っている「試験難易度」これには十分気を付けて下さい。
私が受験し始めた頃は、3ツ星でいうと星1つ、簡単初心者にお勧め
というランクでした。最近でもようやく星2つくらいに
なっているようですが、要するに「易しい試験」という評価なのです。
でもこの難易度、誰が決めるのよ?ってことです。
誰が決めるか?それは合格した人です。まさか落ちた人間が
「行政書士の試験は簡単です~。う~んそうだなぁ星2つ!」
なんて言うわけないし、誰も落ちた人間の話しなんて参考に
するはずありません。そりゃ受かった人間にしてみれば
さぞかし簡単でしょうよ・・・。
要するに「行政書士は簡単」というイメージで油断していると
痛い目に合うということです。私はいまだにこの呪縛から
逃れられずに困っています



テーマ:行政書士試験  ジャンル:日記

ユーキャン  
【2007/05/02 17:54】 トラックバック(0) コメント(0)
今日は何の日?
今日はメーデーですね。
メーデーと言っても私にはあまり関係ないんですが・・。
なんせ今日は第3回目の失業認定にハローワークまで
行って来たところなんで。

ところで、失業給付(基本手当)って1ヶ月単位で貰えるもんだと
思っていたらそうでもないんですね。
私の給付日数は90日だったんで、30日分×3回の
支給なんだとばかり思っていたら、最初は13日分しか
貰えなくて「え!?」てな感じだったんですが、その後は
28日分、28日分、と支給されて、そして最後はどうやら
21日分でフィニッシュ!みたいです。

ちなみに私は昨年の11月の半ばに失業給付の申込みをして
最初の給付金を手にしたのが今年の3月の半ばです。
約4ヶ月後です。自己都合退職なんで給付制限なども
あったのですが、4ヶ月といえばその間にも様々な
支払いや出費が当然あるわけですから、けっこうストレスな
日々を過ごしました。

ただ、そもそも失業給付(基本手当)とは

「失業中の生活を心配しないで、新しい仕事を探し、
 1日も早く再就職していただくために支給されるもの」

ですから、職を探したり、技能を修得したり、再就職を
目指して活動する期間の生活を保障してくれるものなんです。
職探しもせず、毎日フラフラ遊んでいるだけの人には
残念ながら失業給付を受給する資格はありませんので
お気を付け下さい・・・。

おっと!忘れるところでした~!
今日は私のつたない日記の記念すべき第1日目でも
ありました(笑)
今私は、求職活動をしながら、行政書士試験と通信で
通っている短大の勉強をしています。
これから色々と、試行錯誤の日々を書いていこうと
思っていますので、今後ともどうかひとつ、宜しくお願いしま~す




テーマ:ブログ始めました ジャンル:日記

H.19年度行政書士受験勉強の日々  
【2007/05/01 15:41】 トラックバック(0) コメント(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。